財布の中身

金運が爆上がりします!「お金が貯まる財布や鞄」の特徴10選 #shorts

金運が爆上がりします!「お金が貯まる財布や鞄」の特徴10選
金運アップのためにピン札をたくさん入れる
財布の中にはなるべく多めのお金を入れておくことが、金運上昇につながると考えられています。

お金がお金を生むというのは、資本主義だけの理屈ではありません。開運学の視点から見ても、お金をたくさん持っている人は、さらなるお金を引き寄せやすいと考えられています。
財産をすぐに増やすことは難しいかもしれませんが、普段より多くの現金を持ち歩いて財布の中身を増やすことなら、比較的簡単にできるはずです。

とはいえ、お金を財布にたくさん入れておくと、つい遣いすぎてしまうという人もいると思います。そういう人は、遣ってよいお金と区別するために、ピンチのときのためのお金はすべてピン札か2,000円札にするといいでしょう。

金運アップのために少し背伸びをした高級財布を使う
今や様々なブランドが美しい財布を販売しています。また、占いの視点から見ると、格式のあるブランドが丁寧に作り上げた高級な財布には、非常に強い運気が宿ると考えられています。

そのため可能であれば、財布を買うときは少し背伸びをして気に入ったものを買うとよいでしょう。特に、ほどよい緊張感をもって丁寧に扱いたくなるような財布がおすすめです。

必ずハイブランドを持たなければならないという意味ではなく、丁寧に作られたしっかりとした財布を持つことにこだわってみてください。

金運アップのために目的に合った色の財布をもつ
金運アップを狙うなら、財布の色も重要となるでしょう。というのも、色によって運命に与える影響が異なると考えられているからです。

例えば、組織の中で仕事を頑張るなどして、出世し、金運を向上させたいと願うなら、黒系の財布はあなたに強い力をもたらしてくれるはずです。

自分の事業や投資などによってお金を手に入れたいのなら、茶色やベージュなどのナチュラルな色のものが良い運気をもたらしてくれるでしょう。安定的な金運を維持したいと考えるなら、赤系統の色を選ぶといいかもしれません。

そして、何が何でも今よりもお金が欲しいと考えるなら、ぜひ金色の財布を使ってください。キラキラと輝く金色が1番理想的ですが、金色だと使いづらい場合は、山吹色でもよいでしょう。

金運アップのために風水的に正しい場所で財布を保管する
風水では、財布は静かで暗いところ、そしてやや涼しいところに置くのがよいとされています。

たとえ疲れて帰宅したときでも、朝日に照らされる恐れのある机に放置することは避けた方がよいでしょう。できるだけ冷暗な場所を選んで、そこで静かに財布を休ませるようにすることで、金運が知らぬ間に上昇するはずです。
豚のチャームを財布に入れる
お財布に豚というのは、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、ドイツでは錫細工の小さな豚のチャームが人気なんです。古代ドイツでは、豚は神への捧げ物として用いられる貴重な動物だったことに由来するともいわれています。

金運と豚といえば、アニメなどにも登場する豚の貯金箱が有名ですね。金運を上げたい方は、お財布に豚のチャームを忍ばせてみてはいかがでしょうか。

きれいな五円玉を財布に入れる
「良い御縁」に通じるという洒落もさることながら、日本の五円玉にはもっと強力な開運効果が仕組まれているといわれています。お手元に五円玉がある人はぜひともじっくり見てください。面の穴の周りには歯車がデザインされており、その上にはたわわに実った稲が描かれています。これは、日本の豊かさを支える農業と工業を表したものです。そして裏面に書かれている双葉は、林業の象徴であると同時に、天高く成長していく日本の未来への祈りが込められています。

五円玉のデザインには、日本の豊かな発展への切なる願いが満ちています。金色に輝くこの美しい硬貨こそ、財布に忍ばせるのに最適な開運アイテムといえるでしょう。

四つ葉のクローバーを財布に入れる
四葉のクローバーが珍しいものであるということはよく知られていますよね。そんな四つ葉のクローバーは、代表的な幸運の印です。

魔女は満月の夜にクローバーを探すともいわれているため、満月に摘み取ったものはさらに開運効果が期待できるでしょう。
お財布はバッグの中の見えない場所にしまう
お財布が金運に大きな影響を与えるのは、よく知られた話です。ただ、どんなお財布が金運をアップさせるかについては、すでに多くの情報があると思いますので、今回はお財布をバッグのどこにしまうかという点に絞ってお伝えします。

基本的に、お財布は「暗くて涼しい場所」に置くのが最善とされています。バッグの形状にもよりますが、バッグの口から光が直接入る場所は避けたいところです。一目でお財布の姿が見えないような奥底にしまうのがよいでしょう。

バッグの構造上、見えないようにしまえない場合は、暗い色のハンカチを1枚上にかけるだけでも、かなりの効果が期待できます。

また、蓄財や節約をしたいときは、バッグの中でもなるべく体に近い位置にお財布をしまいましょう。

反対に、お金を使うと決めているときは、バッグの中央に収納しましょう。すると「安物買いの銭失い」にならず、必要以上の出費を避けられるでしょう。

仕事道具のバッグへのしまいかた
職業によって様々ですが、筆記用具や電卓など、いわゆる仕事道具の収納方法も大切です。これは現在の金運ではなく、将来の金運ともいうべき出世運との関係が深いです。

ペンやメモ帳など、よく使うアナログな道具については、なるべくむき出しのまま、自分の体に近い位置に収納するのがよいでしょう。

また、仕事道具の大きさがバラバラ、種類が多いなどの理由でポーチやケースを使う場合は、茶色か黒の滑りのよい素材のものを選びましょう。

身だしなみグッズのバッグへのしまいかた
お財布や仕事道具の他にバッグに入れるものと言えば、化粧道具やちょっとした身だしなみグッズなどが挙げられます。

しかし、それらを無造作に収納してしまうと、人からの信用が得られなくなり、金運が低下してしまう恐れも。お金の流入を増やして金運をアップさせるためには、身だしなみグッズのしまい方にも注意が必要です。

人間関係を重視する仕事であれば、透明もしくは部分的に透明で、中身が見えるポーチに収納するとよいでしょう。

専門性のある仕事に就いているなら、中身が透けず、表面に多少ザラつきやデコボコ感のあるポーチを選んでください。色は、自分が一番好きな色を選びましょう。
お金に愛されよう
お金は居心地のいいところへやってきます。ちょっとした心掛けで金運はアップするので、財布やバッグの使いかたを一度見直して、習慣にしてみてくださいね。

関連記事